カプリと一緒に!

黒柴犬カプリとおばさんの のんびり生活日記です

けっこう過ごしやすい今日

梅雨明けしてギラギラの太陽かと思いきや、

けっこう過ごしやすくて、ラッキーです。

2回目のお散歩も10時過ぎてしまいましたが、

暑すぎず、楽に歩けました。

f:id:kapuriwan7:20200802132750j:plain

f:id:kapuriwan7:20200802132548j:plain

まだバラが咲いてるんだ。

 

f:id:kapuriwan7:20200802133146j:plain

疲れた?

またですか?の話題ですが、

梅雨明けして、もうカプリに

夜中 悩まない日常が戻ると

期待していたのですが、

 

とんでもない!

昨夜も大騒ぎでがっかりでした。

どこか近くで雨雲が発生したのかも

知れませんが…

また私をかじったので

本気で教育しないといけないみたいです。

 

とりあえず、自分の思うようには行かないんだ

という事を教えようと思います。

 

今までだったら、お散歩も行きたい所に

行っていいよ💛

行きたくないなら行かないよ💛

 

と、カプリの気持ちに逆らわないように…と

自由にさせていましたが、

 

少しだけ、これだけはダメというものを決めて

それは絶対譲らないようにします。

 

◆身体の隅々を触る

わがまま犬は、飼い主よりも自分の立場が上だと思っていることが多いです。そのため、多くの犬が飼い主に身体の嫌な部分を触らせません。特に、歯ぐき、尾、腹、爪先やマズル(鼻の付け根から鼻先にかけて)を嫌がる犬が多いです。

身体の隅々に触ることが出来る人というのは、犬にとっては逆らえない相手です。リーダーとして、その存在にならないといけません。

中でもマズルは、マズルコントロールというしつけ方法が確立している場所でもあります。
何も無い時でも、わがまま行動をしている時にでも、マズルを掴むことが出来る様になれば、わがまま犬が改善する可能性は高いです。

引用:PetSmile news forワンちゃんより

http://psnews.jp/dog/p/42264/

もうひとつ、お散歩の時カミナリと小型犬などの

恐怖を伴なう事以外で、

お散歩ルートで

ここだけは勝手にさせない場所を作る。

この事は以前通っていたしつけ教室で

先生からのアドバイスですが、

私が「お散歩中、

全部カプリを自分について歩かせる事は

どうしてもできないです、

結局無理やり引っ張って行く事になるから…」と

泣きついた時の答えです。

多分呆れて仕方なくこういう答えに

なったのかもしれません。

「全部がダメなら、ここからあそこまでは、

絶対に勝手な行動をさせないって決めて歩く事。」

だそうですので、やって行こうと思います。

 

ハミガキは毎日嫌がってますが、

このまま嫌がらなくなるまで頑張っていきます。

 

f:id:kapuriwan7:20200802144901j:plain

嫌がってます。

しばらく頑張ります。

 

今のカプリは眠っていて

何も手がかかりません。

f:id:kapuriwan7:20200802132702j:plain

昨夜の疲れが溜まってる?

お散歩、食事、夜中の暴れ以外は

な~んにも問題がない、いい子です(笑)

 

f:id:kapuriwan7:20200802143834j:plain

クルクル回ってます。

     今日も読んでいただきまして

     ありがとうございます。_(._.)_