カプリと一緒に!

黒柴犬カプリとおばさんの のんびり生活日記です

動物愛護週間だそうで…

朝起きて少~し雨が降っていましたが、ペットのベッドで寝ている黒柴犬

 

お散歩から帰ると雨は止み、

気持ちのいい一日になりそうです。


カッパを着ている黒柴犬

 

 

前回6月24日に

爪切りをしていただきましたが、

今日も爪切りに行って来ました。

前回と同じ吠えまくって、

先生も大笑い、「何が怖いんだよ」

「まだ切ってないよ、何で吠える?」

…そんな感じでカプリは大騒ぎ。

抱っこされて爪切りをしてもらっている黒柴犬

いつも爪切りでは、思いっきり吠えるので、

動物病院の先生から、乱暴な犬だと

思われてしまうのです。

本当は大人しいのに…

 

その後、本当に涼しい雨も降っていない

適度に風も吹いている、

保冷材も、冷たい水もいらない、

最高に気持ちのいいお散歩に

行って来ました。

 

 

いつもなら幼稚園児達が遊んでいる

アスレチックにも、今日は誰もいません。

初めてここで写真を撮りました。

アスレチックの下でこっちを見ている黒柴犬

これで、コロナウイルスが収束していれば、

不満な事なんて何もないかな?

(そんな事はないか?)

 

ゆっくり歩いて帰宅し、

今、カプリはお昼寝中です。

 

爪切りをして大騒ぎをしたので、

今日のお昼寝は雨が降らなければ、

夕方まで起きないかもしれません。

 

9月20日から26日まで動物愛護週間です。

動物の好きな方にとっては、

今さら?の習慣ですが…

動物を愛し、

動物と人間の絆を強めることを目的として

定められた記念週間だそうで、

9月26日の土曜日の13時から17時に

オンライン

主催が、動物愛護週間中央行事実行委員会
    実行委員会事務局 

    公益財団法人日本動物愛護協会の

どうぶつ愛護フェスティバル

開催されるようです。

興味のある方はクリックしてみて下さい。

 

最近コロナ禍で飼えなくなった動物を、

放棄する人たちが増えているそうです。

収入が減ったからとか、

アパートを出なければいけなくなったからとか、

中には在宅で、犬を飼ったけど、

手がかかるからとかで、放棄する人も…

コロナ禍だからではなく、

そういう事をする人は、

ちょっと飼うのが負担になると

放棄してしまうんじゃないですか?

大切な命を預かるのですから、

もっと事前に動物を飼う事が

どういう事か、どんなに大変な事か、

勉強してから飼って欲しいと思います。

安易に飼わないで欲しいものです。

このニュースを聞いて

とっても悲しいです、辛いです。

 

カプリはまだ寝ていますが、

今夜は雨になるようです。

いやだな~😢

眠らせてね~😟

f:id:kapuriwan7:20200924131021j:image

  今日も読んでいただきまして

  ありがとうございました_(._.)_